香りを形にする 株式会社プラネット

株式会社 プラネット S-Cubeセンター : お問い合わせ
〒594-1123 大阪府和泉市福瀬町810番地
大阪工場:大阪府和泉市 / 湘南工場:神奈川県平塚市

ギャンブル 2018年1月24日

またまた食べ物の話題になってしまいました。
どうしてカレーがギャンブルか説明いたします。
昨日の夕食に、嫁さんが肉じゃが(豚肉)を作ってくれました。美味しかったので、今日の昼食にもいただきました。
そしてまだ残っていたので、今日の夕食にもいただきました。さらにまだ残っていたので、この出汁でカレー作って見たらどうかなぁと思い、冷蔵庫をあけました。カレールーあり、鶏肉あり、玉ねぎあり、よしやろう!ということで、だし汁を温め、カレールーを投入、、、する前に、賞味期限を確認しました。んーっと2016年2月26日、、、2年前かー。うー。入れてしまえーっと3かけを投入しました。溶けるまでかき混ぜて、、、ちょっと薄いと感じました。よっしゃーここまできたら全部入れてしまえーっとさらに3かけ投入、、、、、、、、、、、、濃すぎた、、、、もうこうなったら悪あがきです。牛乳を600ml投入して味だけでも整え、蒸し焼きにした鶏肉を投入、さらに素焼きで炒めた玉ねぎを投入、、、。もう手順はぐちゃぐちゃです。でもまだ味がおかしい。よし、もうちょい煮込んでみようということで、水を200ml投入して10分ほどぐらっと煮込みました。その後弱火でかき混ぜながら、灰汁を取り、とろみが出たところで火を止め、味がなじむのを待ちました。2時間ほど寝かせた後恐る恐る味見してみると、、、、、、うまい!これなら大丈夫だろうと炊きたてのご飯にカレーをかけ、試食。美味しかったです。明日昼には嫁さんにも食べてもらおうと思ってます。それがいちばんのギャンブルでしょうかね。話題は変わりますが、プラネットでの試作は経験豊富な専門スタッフがレシピに基づいて入念に行っております。日頃の基礎研究でのチャレンジはありますが、当然ギャンブルは一切ありません。    m.h.