除菌?抗菌? | 株式会社プラネット

PLANET’s Blog

TOP PLANET’s Blog 除菌?抗菌?
2020.12.16
除菌?抗菌?

感染症の対策として、「除菌スプレー」「抗菌マスク」「手指の消毒液」などの商品をよく見かけるようになりました。

除菌、抗菌、消毒・・・ 似たような言葉ですが、違いをご存知ですか?

 

除菌=菌を除去すること。減少させること。

抗菌=菌の増殖を防ぐこと。

消毒=人体に有害な菌・ウイルスを無害化すること。

 

 

ついでに、菌とウイルスの違いもおさらいしておきましょう!

菌は、真菌と細菌にわけられます。

 

真菌=カビ。水虫の原因となる菌もある。

カビの予防や、生え始めにアルコールが有効。

 

細菌=1つの細胞でできた、小さな生物。2つに分裂して自分で増える。

病気の原因となる細菌(大腸菌など)もいるが、

人体に必要な細菌(乳酸菌など)もいる。

多くの細菌にアルコールが有効。

 

ウイルス=細菌よりも小さく、細胞を持っていない。

他の生物に入り込んで自分のコピーを作らせることで増える。

アルコールが効きやすいウイルスと、効きにくいウイルスがある。

効きやすい:新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス 等

効きにくい:ノロウイルス 等

 

 

 担当:N