淡路・おのころ島 - 株式会社プラネット

香りを形にする物語

TOP 香りを形にする物語 淡路・おのころ島
2022.05.11
日記・コラム・つぶやき
淡路・おのころ島

四月初旬 我がルーツ四国の墓まいりと淡路島(おのころ島)での民宿泊りをしました。

当日はおだやかな晴天です。墓まわりの草ぬき、水かけ、花そえ、酒ふるまいをして、こうべを垂れて、

父母とやおよろずのご先祖さまにあいさつをしました。

わが身は点ではなく、親からの線、ご先祖との面、天もふくめて立体空間に包まれます。

親類縁者に挨拶をすませ、大鳴門橋を通って淡路島に渡り、南淡の伊琵漁港にある民宿に着き、

さっそく目の前にある美しい入り江で泳ぎました。

黒潮のおかげであたたかいです。夕食には、鳴門海峡の桜鯛のフルコースです。

さしみ、炙り、ほうろく焼き、兜煮などなどです。風呂は天然温泉です。

露天風呂から、海をながめ、漁火にいやされました。夕食での地酒都美人も加わって心を更にいやします。

翌日は、イザナギ、イザナミノミコトが最初につくられた(産んだ)この淡路島に鎮座されます「おのころ神社」に参り、都美人の蔵元にも立ち寄り、明石海峡大橋を渡って帰路につきました。

 

yutaka