【考案】紙製ギターピック(香り付き) - 株式会社プラネット

香りを形にする物語

TOP 香りを形にする物語 【考案】紙製ギターピック(香り付き)
2022.06.09
実験・研究
【考案】紙製ギターピック(香り付き)

レジ袋からエコバッグへ、ストローも樹脂製から木製へ、など世の中で進む「脱プラ」。

その動きに乗じて、「紙製ギターピック」なるものを作成してみました。しかも今回は香り付きで挑戦いたしました!

 

【用意したもの】

・1mm厚 コースター紙

・ギターピック(通常のもの・今回はティアドロップ型)

・香料

・チャック袋

・スポイド

 

コースター紙にギターピックを乗せ、鉛筆で縁取りし、線に沿ってハサミでカットします。

袋に香料をスポイドで1~2滴ほど垂らし、その中にカットしたコースター紙を入れて数分待ちます。

紙が乾いていたら完成です!

 

持った感じは、少し分厚いなという印象ですが、滑りにくいし悪くないです。

 

演奏してみました。

はい。なかなかGoodです。通常のピックと比較して、音が丸くなる感じです。

それはそれで、味があります。そういう音が良い曲もあると思います。

 

ストローク(コードをジャーン)でも、ピッキング(単音でならす)でも案外行けます。

紙なのでプラスティックと比較すれば耐久性は、劣るだろうと思います。

 

実際、5弦と6弦とをこすり合わせて「ギューーン」という「スクラッチ」を行うと、やはりこすり合わせた部分は凹みます(加えて音もちゃんとは、ならない)。

耐久性に問題がありますが「使い捨て」なら、ありかも。

【紙製ピックでのピッキングの様子】

 

【紙製ピックでのスクラッチ奏法の様子】

 

肝心の「香り」もちきんとします。

ジャーンとやったあとにさりげなく鼻に近づけて、うーん良い香り。マイクスタンドに何枚も取り付けるとステージ上が、うーん良い香り。

なんてこともありかもしれません!!素敵です(自画自賛)。

香料と指が長時間接すると良くない、など工夫が必要かもしれませんね。

 

エコになるかはさておき、まあまあおもしろいのではないかと思いました。

 

永井