暮らしと香り1 <旬な匂い> - 株式会社プラネット

香りを形にする物語

TOP 香りを形にする物語 暮らしと香り1 <旬な匂い>
2022.05.30
日記・コラム・つぶやき
暮らしと香り1 <旬な匂い>

こんにちは。

今月はゴールデンウィークがありましたが、皆様はいかが過ごされたでしょうか。

入社してから初めての大型連休でしたが、新入社員の私は社会人の学ぶことの多さに日々奮闘しつつ、

考え事をしていたら気が付けば連休最終日…。

 

こんな調子で過ごしておりましたが

今月の一大イベント(?我が家だけなのでしょうか?)

母の日があったということで、母親にこの季節に旬の匂いを詰め込んだ香水を贈りました。

 

選んだ香りはこの時期に開花するものが多いとされているバラの香りを基調にし、

そこにライチやアーティーチョークの匂いが見え隠れするような匂いでした。

「バラの香り」と言えば、

調香師の間で「良いバラの花からは必ずアーティーチョークの匂いがほのかにする」

と言われているようですが、

アーティーチョークは5月半ば、節気では「立夏」と言われますがまさに今の時期に旬とされる野菜です。

松ぼっくりに似たかわいらしい見た目で、イタリアやフランスではフリットなどにしてよく食べられるそうです。

香りと植物と食と…香りを通して様々なカルチャーや知識に触れられたら良いなと思い、香りに触れた出来事を綴っていこうと思います。

 

PS.カーネーションも活けてうれしそうな母と猫でした。

タカハシ