【散歩日記Ver.7】相州四之宮前鳥(さきとり)神社 | 株式会社プラネット

PLANET’s Blog

TOP PLANET’s Blog 【散歩日記Ver.7】相州四之宮前鳥(さきとり)神社
2020.04.30
日記・コラム・つぶやき
【散歩日記Ver.7】相州四之宮前鳥(さきとり)神社

平塚市にあるプラネットの工場・四之宮工場の「四之宮」は、四之宮地区に在るということです。

この四之宮地区の名前は、地区にある前鳥神社が相模の国の四之宮であるためです。

前鳥(さきとり)という読みや謂れは、きっと、その昔は人々が自然神を祀って、単に“さきとり”さまと呼んでいたのでしょう。

ここに漢字が入ってきて左喜登利神社と当てたのでしょう。

それが、字の複雑さから前鳥神社と収まったのではないでしょうか。

前鳥神社の御祭神は、

莵道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)や日本武尊(やまとたけるのみこと)です。

我が国の創成期から、この地は豊かで、大和政権も力を入れていました。

同じように祀られている神々は、天照大神、素戔嗚尊(すさのうのみこと)、更には、朝鮮半島から日本に漢字をもたらした王仁命博士もおられます。

なので、学業と合格祈願の神社です。

武家社会の創成期から、武士の信仰をあつめ、将軍源頼朝は令室・北条政子の安産祈願をしました。

もちろん、代々の徳川家からのサポートもあり、明治維新も生き残り、現在も立派な たたずまいで、品格を保っています。

アロマのまち 平塚から

yutaka

※緊急事態宣言前の記事です。